あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

150509AKB大運動会in有明コロシアム


週末は週末でまた頑張りました・・・

■150509AKB大運動会in有明コロシアム
★9日
9日はまずAKB大運動会へ。
のんびりしていたらあっという間に出発時間でびっくりした。15時開演だもんね。
会場までバスで行って腹痛のまま会場を彷徨う。腹痛解消したところで開演。飲物買っておけば良かった・・

選手入場から飛ばし始めていたけど、チーム8の選手入場の際にモニターに映し出された名前の中に「谷優里」があったように記憶しているのは僕だけでしょうか。目が悪いから微妙に定かじゃないんだけど、確かに谷優里の名前があったような気がするんだなぁ。陸上の子だから普通に来てもおかしくないだろうけど。

□ザキヤマ
既に色々語り尽くされている感があるけど、ザキヤマの司会がめちゃくちゃ面白かった。
今回の運動会は大成功だったと言えると思うけど、その理由の大半はこの人のお陰だと思う。
いじり方が抜群だったなぁ。いじってボケて騒いでまとめる。うーん、すごいね。
他の機会でもぜひ。


□フライング30m走
30m走という短距離走があった。
個人的には何度もフライングして決勝でまで疑惑のフライング(俺の中では確定ですが)で優勝した村山さんにドン引き。
会場もその瞬間はサーッと引いていたように思うよ。。。
レースには勝ったかもしれないけど、これアイドルとして大敗した瞬間だと思う。

珠理奈が足早いところを見せたけど、いくみんが勝ったり、奈緒ちゃんが勝ったり若いっていいねと思った。 負けてもさっぱりした珠理奈のコメントは株を上げた。


□玉入れ
各キャプテンがゴンドラに登りカゴを持ってやっていた玉入れ。
峯岸さんの脱法玉入れは面白かった。
こういうチーム感が必要になるイベントをチーム立ち上げの前に持ってくることで、各チームの立ち上げが上手く行くようにしているのかなと思った。
実際肩車したり、玉集めたり、チームプレー発揮していたところがたくさんあったので。

終わった後の片付けで8の子が自主的に片付けを手伝い、それを見た4の子が次の回で自主的に手伝っていたのが印象的だった。
片付けるのはスタッフの仕事だけど、押してる進行を早めたりするには効果あると思うし、何より衆人環境下だからね。逆に「見られているからやる」だったらあざといんだろうけど、例えそうだとしても印象に残すことには成功したんだよね。
既存のA・K・BのTVやらメディアでの弱さが一気に見えた瞬間だった。 スタッフは多分こういうのに弱い。


□障害物競走
峯岸さんが一生懸命走っていました。いずりな、たつまき、なぎさ、ちより、みぃちゃんと僕と僕と連番のRすけ氏にとっては最高の組合せすぎて応援が捗りました。
むしろ捗らなかったけどwww

峯岸さんはインタビュー通り「風船以外はやったことある」という、プロの腕でした←←
レースに勝ったけど、粉の中にあった飴を見つけられず涙目の渚沙ちゃんが勝負には勝ったよねw


□腕相撲
圧倒的な山本と大家の強さが目立っていて面白かった。
もうちょいスピード感あるといいけど・・


□持久走
横道早いなぁ。さすがとしか言いようがないw
でも地味に見所として良かったのは島田がかなりのペースで付いていったところ。
もう少し遅くなるかと思ったけど、島田もかなりのハイペースだったことは褒められていいのかもしれない。
調子に乗らない範囲でw←←

佐藤朱と横道と本田の3人で出た持久走。ひとりだけ「5位以内に入れない」ただそれだけの理由で泣いちゃう本田ちゃんの涙は何味なんだろう←
いつだって勝負の世界、チーム8らしいと思った。


□縄跳び
まあご存知の通りですよね。宮脇と入山の勝ちと言うことで。
大事なのはこういう事かと思うけど、半分くらいは。
ただ全員これだと進行しないからなぁw


□最後
最後にこのあとリレーがあって、転倒からの大逆転劇でチーム8が優勝した劇的なシーンがあったらしい。
多分DVDをひとりで3500枚くらい買う人が続出するから焼いてもらおうと心に決めた瞬間w

僕はリレーの前に郡山行きの準備のために涙を飲んで一旦帰宅。ヤフーではバスの時刻表が狂っていたのでタクシー使って築地まで行ったよ。。5時間もやるなんて想像だにしなかったよ(涙目)
チーム8優勝やらKが2位になったことなどを聞きつつ、食料買込み準備して郡山に出発するため浦和に向かったのであります。多分Kが2位だから峯岸さんは軽いコメント出して上機嫌だろうと思ったけど、やっぱりその通りだなとか思いつつね。

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3649-d87f9b17
該当の記事は見つかりませんでした。