あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■大組閣2
大組閣、チームが存続してその中の異動という枠で考えている節があるけれども、それが正しいのだろうか?
本店・支店という枠で考えることも正しいのでしょうか?
ということで少し発想を飛ばしてみました。

★全部AKB48
支店の全廃止。全部AKB48にしちゃうという件。こうすれば本店枠・支店枠もなくなるし、CDに誰が出るとかもなくなるし。

大人的に話すと、
・JPN48的なものを作って持ち株会社的に運営しながらAKB48を1事業会社として下部組織に位置づける→これは割と前から在った考え方
これを↓
・AKB48がSKE・NMB・HKTを吸収合併して存続会社としてAKB48が残り、支店を単なるチーム化する、本店と序列を同化させる→栄を大チームS、難波を大チームN、博多を大チームHというような形にするとか。

今日からみんなAKB48。大阪の山本さんもAKB48、栄の松井さんもAKB48、HKTの多田さんもおかえりAKB48。
現在の各チームは廃止。チームに準じる「クラス」的なものは設けます。

こうするとメリットとして
1:全員AKBだから、どう組み替えようが自由になる。本店枠・支店枠の撤廃
2:チームがなくなるので、やすすは各チーム曲を作らなくて良くなる
3:チームがなくなることで、ペナントを合理的に消滅させられる
4:クラス的なものはメンバーのスキル序列に合わせて編成し放題(旧ひまわりのようなもの)
5:地域間では移籍ではなく、異動になって、メンバーの融通・昇降格がさせやすくなる。
6:新たな組み合わせいっぱい!メンバーの偏在・地域の偏りもなくなる

デメリットはCDリリース時の利権調整だろうけど、結局リリース数は同じにして、メンバーだけ入れ替えればいいんだからこれも解決出来そうだし。(メンバーには歌唱印税は関係ないんでしょ?)

「全員AKB」。という考え方をしてみました。



これさ、先週書いていたんだけど、発想はともかく文がいまいちだったからあげなかったんだけど、あげておいたほうがよかったみたいね。

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3577-f0a03242
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。