あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

ドラフトとペナントについて



■ドラフト
ドラフト制度というものが初めて先日行われて、そして終わったようです。

結局誰がどのチームでどんな模様があったかなどは全然分かっていないのですが・・・
AKBとは「生きざまを見せること」という考え方なら今回のやり方もそのドラマ化の一環なのかもしれませんね。
ただ役者が全く分かりませんでしたが・・・(笑)

今回のドラフト制、結局「即戦力」の看板は捨てたようです。
即戦力ではないとすると、結局研究生と同じなのでは?と思われる方、多いでしょう。
僕もその一人です。

今回のドラフトというのは結局タイトルを変えれば解決したのではないかと思うのですね。
「48G一斉公開研究生オーディション」
これでどうでしょ。
タイトル的には地味だけど、的確なのはこちらではないかと思うのですね。
「この子は出来るからうちのチームに欲しい」「この子も欲しい」、結局即戦力ではなくポテンシャルでメンバーを買ってるので、やってること自体はこういうことなんだなと。

そう考えれば取り組み自体は面白いのかもねと思いますが、大器晩成じゃないけれども、初期状態で全然できない子も後々大きく育つことがあるわけで(その要因が何であるかはあえて触れないけれども←)、そういう可能性を摘まないと良いなと思います。

今回の採用された子も結局名前の他は「出身地」や「年齢」のような固定データだけがフォーカスされていて、それ以外の要素がないことを考えると、研究生オーディションという元ネタをTV用のコンテンツとして整備したかっただけなんだろうなというのが本音です。はい。

結局ひかりTVとNOTTVという身内に売っただけなので「売れなかったんだな」とも理解していますけど。。。


■ペナント
ペナント・・
なぜこんなに野球が好きなんだろう?
野球好きな人でもいるのでしょうか。

ペナントというのもなんだかよくわかりませんが、公演応募倍率を競うというもの。
ルールとしては「公演を見た人が判断するべきでは?」とか「応募条件が一定でない限り公平ではない」など、様々なケチが既についている状態。

これもちょっと考え方を変えてみました。
面倒なのでストレートに書くと
【現状の課題】
・公演が盛り上がっていない、手抜きが横行
・マネージャーやら運営側はお金を稼ぐ「嬢」には強気で指導が出来ない
【改善方法】
・運営側以外の人が(≒客)が公演内容を指導できるようにすればよい。
【具体的手法】
・公演応募倍率という数字をガラス張りにすることで、「人気がない」ことを周知させて、改善するように促せば良い。

ペナントのゴール(ご褒美があるかとか、優勝という概念があるか)は全く理解していませんが、本店は本店内で、各支店は各支店内で互いに競わざるを得ない環境を表に出す事にしたのではないでしょうか。

これで手抜きやら盛り上がっていないというのが客観視出来るようになるので、自浄作用が働く・・と目論んでると思うんですよね。はい。

この件は対外的なものというより対内的なもののような気がします。
表に対して言い訳がましい感じで打ち出したのは体裁面だけのような気がする。

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3553-c8c6e4bc
該当の記事は見つかりませんでした。