あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総選挙個人的振り返り①~渡辺と大島


■総選挙個人的振り返り①~渡辺と大島
総選挙が終わりはや10日。早いものですねー。
今年の選挙は皆さんにとってどうだったでしょうか。
なんというか、「えっ?」というような感想が多いような気がしますがw



やっぱり今年見たかったのは個人の感想で言えば
「渡辺麻友1位」の画だったなー。僕の内面はそれ。何度考えてもそれ。

はじめての1位を大観衆の中で祝福されながら苦節6年のアイドルの下積みから遂に頂点へ上り詰める。その思いを胸にステージへと歩きながら万感の思いで喜びを紡ぐように語り出す。
仕事的な面はともかく、別にまりなってると仲が良いからでもなく、最近は見てると本当に迫力があるんだよね。某氏の言葉を借りれば「オーラがある(c)」。
女優をやりたいと言っても多分出来ない。歌手と言っても歌唱力の面ではちょっと・・・。
ただ、アイドルをやらせたら今日本でこの子より上の子がいるのだろうか?というくらいに旬を迎えているような気がしてならないわけです。そう思いませんかね?

完璧なまでのアイドル。てな表現があうのかもしれない。
そんな子が遂に1位を取って感情むき出しにして泣きながらスピーチする。
「そうなんだよ、俺はこの画が見たかった」的なね。

そういう展開が見たかったなー。多分みんなスッキリしたよ。これなら。



あとはやっぱり大島。
「1位大島優子」という画を2年連続で見せて、自信満々のどや顔で「わたすが1位だす」というスピーチ。
それを見ながら「やっぱり大島は強い・・」ていうのも乙な画だったなとは思うのです。
そう大島が1位でもよかったんだよね。

大島は大島でとんでもないアイドル化け物(渡辺がアイドルサイボーグなら大島はアイドル化け物だと思うw)。いろんな部分でテクニックを持っているし、各方面に強みがあって、総合力ではやっぱりまだ大島が1位だったか・・・
そう思いながら「あいつやっぱりつえーなー」と言うのもまた面白かっただろうなと思うのですよ。12年は敦子がいなくなったのもあってシングルエンジンで頑張っていたなーと思ったのもありますし。

大島が1位ならちょっとほろ苦いビール、渡辺が1位なら軽いビールからのハイボール。そんな感じで楽しく飲めたんじゃないかなとも思うんですよ。

今年は「世代交代」が一つの大きなテーマだったかと思うのだけど、旧世代の代表・大島と新世代の代表・渡辺。どっちが勝ってももう一方のストーリーが自動生成されるから「光と影」的な意味合いで面白かっただろうなと期待したんですよね。どちらが光になるかは分らないけど、どっちも良い勝負で五分でがっつりの四つ相撲てな感じがしたんですよねー。どっちに終わっても納得の結果というか。


選挙は一つの結果に過ぎないけど、昨今の48Gの一つの大きなテーマである「新旧交代」の象徴的結果になると、そしてその答えを選挙結果に期待していた人は僕だけじゃなく結構多かったんじゃないだろうかなー。

どの個人が1位なのか2位なのか、という話だけではなく、世代交代の結果がどうだったのかという面で見られるところも面白い点になるかなとは思ったのですけどね。



【8/21 タイトル未定】(初回限定盤)
Type I初回盤
Type II初回盤
TypeIII初回盤

【8/21 タイトル未定】(通常盤)
Type I通常版
Type II通常版
Type III通常版

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3515-8d5dc458
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。