あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第5回総選挙開票の感想その1


■第5回総選挙開票の感想その1

□指原1位
日頃からの努力が実を結んだのかなーと。
ただ、感動とか受けとかそういう点からはかけ離れたかなと。

今の評価というのが アイドル道<タレント道 的なものは感じました。
 
先生のお陰で大勝利(c)なんだろうけど、組織票が多かったんだろうけど、1位を取って話題になっても祝福されない感が半端ないのが一周回ってすがすがしいなーとw ある意味「やっぱりお前らもそう思うよな」てな感じがするw


□大島の2位と渡辺の3位
実力はともかく選挙戦術は大島の方が上だからなーと思ってはいたけど、どっちが勝っても面白いよなーとは思っていました。どっちも勝ってないけどw

ただ、2位も3位もなんか微妙に諦めてさっぱりした感じのあるスピーチが引っかかるのよね。


□篠田卒業
これはいつかは来るとは思っていたけど結構寂しいなー。

篠田がいる真の意味って「たかみなのケツ持ち」だと思うんだよなー。
女社会200人以上、しかもみんな目立ちたがり屋で一癖も二癖もあるものばかり。

この人の本当の存在意義ってそれに対する「最後の締め(通称ラスボスw)」だと思ってたんだよねー。結局女社会は締められるボスがいないと絶対にまとまらないと思うのよ(旧チーム4参照)。ボスは結局誰がやっても自分なりにルールを曲げたりする弊害もあるんだけど、それ以上にプラスが多ければいいと思うのよね。面倒なところもあるけど、この人意外と親分肌だと思った故にねー。

そういう立ち位置の人がいなくなるってことが怖いなー。
このあとみんな歯止め効かなくなったりしてね。
内面の噂はともかく、パフォーマンスなり努力面なりでの悪い噂があまり聞こえない人がいなくなるのか。。
本当はもっとそういうところも評価してあげて欲しいけど、結局いなくなったあとに気付くんだろうなー。

スピーチは普通。つか「卒業します」の時の緊張w
そういう点も含めていい人なんだけどねー。


□JRの不思議
この二人、順位上げる要素って「SKEが勢いある」以外になんだろうなーと。
個別ではあんまり目立つ要因なかった気がするけど。。

それよりも「本店の失速」の方が大きいのかなあ?


□伝統芸能こじはる
篠田もそうだけど、相変わらずうちに感情を秘めるこじはる。

今年も伝統芸能を鑑賞できるかと思ったけど、そうなりきらなかったのは残念w
でもこじはるがこの辺りから落ちるのも間違ってる気がして、そういう意味ではきちんとここにオチ付けて良かったなーと思うのです。


□さえちゃん
スピーチがすごく良かった。
やっぱり総選挙とは「自分の生き様への評価」だと思うし、それに対する「返礼」が大事だと思うわけです。
壇上でのスピーチこそまさにそれで、結局AKB総選挙が面白いかどうかは「スピーチが面白いか」が全てだと思うわけですわ。

「SNHは進化は見られない」「だから私が進化させます」
格好いいなー。惚れるなー。今回のNO.1スピーチは結局これしかないと思うんですよ。


□島崎、山本、渡辺、須田
順位に拘り過ぎじゃない?と壇上を見て思った。
順位だけが大事じゃないと思うんだけどなー。

須田に関する話はちょっと異質で、ここまで上がれて良かったねの方なんだけどね。
「努力の人・須田」が認められて良かったねーと。てかSKE3番手が須田なんだなー。


□峯岸
18位かー。惜しくも1つ外しちゃったなー(笑)てなw

でもこれだけの票を入れてくれる人がいて良かったねーと。
おおむね自分の予想通りなので、そこから先は詳しくはプレイボーイかBUBKAを読んで下さい←

ママのぬいぐるみトークについては改めてwww

意外と感想ないんです。峯岸さんについてはw


タイトル未定Type I(仮)(初回限定盤)

タイトル未定Type II(仮)(初回限定盤)

タイトル未定TypeIII(仮)(初回限定盤)


タイトル未定Type I(仮)(通常版)(多売特典あり)

タイトル未定Type II(仮)(通常版)(多売特典あり)

タイトル未定Type III(仮)(通常版)(多売特典あり)

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3510-7dd8eece
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。