あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


130605AKB48グループ研究生コンサート「推しメン早い者勝ち」in武道館


めっちゃ楽しかったわ!

■130605AKB48グループ研究生コンサート「推しメン早い者勝ち」in武道館
昨日は武道館に行って来ました。そうグループ研究生コンサートを見に。
sbudokan3.jpg


AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』セットリスト
2013年6月5日 日本武道館
出演:103名(AKB48 27人、SKE48 30人、NMB48 22人、HKT48 24人)

M01 初日(ALL)
M02 チャンスの順番(ALL)
M03 君のことが好きだから(ALL)
M04 会いたかった(ALL)
—— MC ——
M05 渚のCHERRY(西野未姫、大和田南那、市川愛美、土保瑞希)
※以下ユニット曲は1曲ごとに出演者を呼んでMC特技披露、進行は峯岸みなみと松村香織
M06 FIRST LOVE(小嶋真子)
M07 黒い天使(岡田奈々、高島祐利奈、茂木忍)
M08 7時12分の初恋(田島芽瑠、篠崎彩奈、渕上舞、空美夕日、竹内彩姫)
M09 ガラスのI LOVE YOU(北原侑奈、岡田栞奈、嶋崎百萌香、林萌々香)
M10 雨の動物園(村山彩希、前田美月、内山奈月、梅田綾乃、橋本耀、大段舞依、谷真理佳、湯本亜美)
M11 ハート型ウイルス(岩立沙穂、込山榛香、北澤早紀)
M12 となりのバナナ(秋吉優花、山尾梨奈)
M13 パジャマドライブ(川上千尋、北野瑠華、向井地美音)
M14 天使のしっぽ(朝長美桜、山田麻莉奈、山田みずほ)
M15 わがままコレクション(岡田彩花、北川綾巴、高山梨子、梅本泉、佐藤妃星、福岡聖菜)
M16 Bird(渋谷凪咲、大脇有紗、今田美奈)
M17 エンドロール(松村芽久未、坂口理子、相笠萌、日高優月)
※ここまで各曲ごとにMC(峯岸みなみ、松村香織抜け、松村芽久未仕切り)
M18 スカート、ひらり(岡田奈々、小嶋真子、西野未姫、田島芽瑠、朝長美桜)
M19 炎上路線(峯岸みなみ、松村香織)
—— MC ——
M20 オーマイガー!(NMB48研究生)20人※昇格組除く
M21 スキ!スキ!スキップ!(HKT48研究生)24人※昇格組除く
M22 1!2!3!4! ヨロシク!(SKE48研究生)22人※昇格組除く
M23 大声ダイヤモンド(AKB48研究生)24人※昇格組除く
—— MC ——
(昇格組13人、大森美優、佐々木優佳里、平田梨奈、東李苑、市野成美、岩永亞美、江籠裕奈、新土居沙也加、二村春香、水埜帆乃香、宮前杏実、古賀成美、西村愛華)
M24 シアターの女神(昇格組13人+峯岸みなみ、松村香織)
M25 バンザイVenus(昇格組13人+峯岸みなみ、松村香織)
M26 青春のラップタイム(昇格組13人+峯岸みなみ、松村香織)
M27 さよならクロール(ALL)
—— MC ——
M28 掌が語ること(ALL)
—— アンコール ——
E1 LOVE修行(本日出演のAKB48)27人
E2 ファースト・ラビット(ALL)
E3 レッツゴー研究生!(ALL)

■座席
席は背中席でした。しかし、これがただの神席でした。すばらしい!
1Fスタンド前方北側ということで、メンバーの真後ろ。出入りも全部見えるし距離感的には劇場と同じくらいの距離。ひとりひとりの呼吸すら伝わるかのような臨場感。ちなみに大型モニターは当然見られないけど、その代わりに大型TVみたいのが随所にあってモニターと同じ内容を流してくれているので正面から見えるものも結局同じように見えました。
「動くものに反応してしまう」研究生に相応しく、最後列の子は常に背中席を気にしてくれたのでとても楽しかったです。みんな背中席も買ってよねー(笑)。
これで2,900円ですよ(歓喜)


■セットリスト1(ユニット個別)
素晴しい!と思ったもの
・黒い天使:なぁちゃんの無機質部分が超かっこよかった。イントロから最後まであのクールな感じがたまらんですねー。流し目がかっこいい。 まさに震えが来るレベル。コールを忘れて見入るわw
・渚のチェリー:みきちゃんね。個人的にはポスト珠理奈だと思ってるけど、まぶしくて仕方ないw ♪憧れてた~ セ・ブ・ン ティーン。このフレーズのみきちゃんだけでyoutube100万回行けるんじゃないかとw
・FIRST LOVE:こじまこちゃん!背中席からは振り向く前の緊張のまま俯くこじまこちゃんが見えたけど、それだけで震えるレベル。実際歌うと音を外したりしていたけど、その度胸とか体裁は堂々として良かったです。あとはこの部分は生歌だってこともよかったねー。
・となりのバナナ:噂の秋吉ちゃん。もちろん僕には無理なのですが、それこそ奥ちゃんとかを思い出しましたw この子が秋吉ちゃんかって感じかな。
・天使のしっぽ:これも「この子が朝長って子か」なんだけど、この子すごいね。推されるだけのことはあるかわいらしさ。敦子もびっくり。48Gはこういう子をずっと探していたけど遂に見つけていたんだって。
・Bird:SKEの大脇有紗(ありたん)。この子がすごく印象に残った。このあとのMCではなく、曲本体のダンスとか、スタイルとか。キレがあるねー的に。
・エンドロール:萌ちゃんですかねー。ダンスが得意な4人てことだったらしいけど、この4人で1ヶ月いたら喧嘩するんじゃないかと思ったりw でも相笠さんのフラフープもともかく、一生懸命さとか、熱みたいのが特に見て取れた感じでした。
・スカートひらり:これぐぐたす上でフラッシュの青木さんも書いていたけど、レジェンド確定だよね。こじまこ、みきちゃん、朝長、田島、なぁちゃん。なんて豪華なラインナップ。やっぱりしがらみがない世界だと思い切った手が打てるから良いよね。全員が全員力があって「これもスカひらなのかー」というくらいに良かった。


■セットリスト2(全体)
・ユニットの前半はフルでやっていたのもあって、それも久々でよかったなーと。
・難易度の問題なんだろうけど、割と簡単な昔の曲が多くて個人的には楽しかった。とても楽しかったです。
・SKEのS2、S3のユニット曲を入れても良かった気もしました。フィンランドミラクルとか、ウィンブルドンとか。
・序盤で盛上げて、中盤で個々を見せ、もう一度各グループに戻して、盛上げながら最後に。良い流れでしたねー。
・スキスキスキップよりお願いバレンティヌの方が良かった派
・大声ダイヤモンドは意外でした。本店はこの流れで何やるんだろ?って思っていながら見ていたので。
・各グループの全体曲をもう一曲ずつくらい増やして欲しい気もしないでもない。しかし微妙であるw
・時間切れは仕方ないねー。
・レッツゴー研究生の長さw 


■MC
・1曲ずつ止るMCはちょっと盛り上がりが持続しない意味であれかも。3曲くらい続けてまとめてMCでもよかったかもねー。
・でもあれがあったので「どういう子がやっていたのか」が分かる、コンサートのコンセプトに沿った展開だったとも言えますね。
・時間押したのは間違いなくユニットMCだろうなとは思いますがw 難しいよねー。一人単位で30秒超過でもそれが20人集まれば・・とか、そういう展開だろうし。
・昇格組のMCもちょっと長かったなー。彼女らはここのために準備していたから責められないけど。その前の問題ね。
・個々の特技とかMCでも、アウェイ環境(≒知らない人がたくさんいる)になると大変なんだなーとか、そうは言っても特技だけで覚えて貰おうとは思わない方が良いよーとか。そんなことも考えていました。
・研究生のMCのクオリティは仕方ない部分も多いから温く見守ってよねwと。
・峯岸さんも松村さんもよく頑張って、いいMCでしたねー。前に出ないように、歌っていた子を前に出そうとすることに力点を置いていたのがよく分かりました。


■峯岸さん
・MCがメインなんだろうけど、声が戻って何より。最初の段階の変な声だと何を言っているのか分からなくてw
・MCで上手く回したなーというのは感じました。頑張っていましたねー。
・炎上路線も個人的には好きですよw 
・それよりそれ以降の昇格組に混ざってグループ曲をやっていた方が頑張ったんだろうなーと思いました。覚え直し、しかもDVDでだろうしw
・セットリストの組み、MCの回し、自分の曲披露、覚える新曲の多さ、通常業務に、あまり表に出さないけど後輩の面倒見・指導、これら諸々の部分は本当に頑張ったんだろうなーと思いました。特に大舞台の経験がない若さで尖ってる子たちを制御してパッケージにするまでの部分w
・成功してよかったね-。


■全体的に
・周りのヲタクもそうだし、ぐぐたすもそうだし、モバメもそうだけど、みんな本当に楽しそうでしたね。
・実際すごい楽しかったです。後列の端の端までみんな良い顔して一生懸命でしたねー。
・セットリストとか粗い部分もあるけど、それを遙かに上回る良いところが沢山あって、久々にめちゃくちゃ楽しいライブでした。
・これね、DVDもBDも売れるよね。こういうのが売れるよね。「他にないテーマがある」「もう二度と無い」「買うに値する独特のコンテンツがあった」から。


終わった後は名古屋の業者さん(c)たちと一緒にご飯を食べてお見送りしてお別れ。
そのあと家で一杯飲むほどの楽しさ。
いやーこれは本当に楽しかった。
まだまだAKBは行ける。あと五年は行ける(c)と思った瞬間でしたよ。

第三世代のAKBGはじまったなーてな感じでした。
やっぱり第二世代を飛ばして第三世代まで行っちゃおうぜ♪



AKB48ネ申テレビスペシャル ~もぎたて研究生inグアム~ [DVD]

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3509-ce02d6f2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。