あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

峯岸みなみ20歳。


■峯岸みなみ20歳
1:
改めて書こうと思うと何を書いたらいいのやら、何を書くか迷わず書けるかと言われたら嘘になる。。
しかし、そう今日11月15日で峯岸みなみも20歳になりました。おめでとう。
実に月日が経つのは早いものですね。

思えば6年前はこんな日が来るとは思ってもいませんでした。
単にみゃーみゃー騒いでいた峯岸みなみももう20歳になるのかと思うとある意味胸がいっぱいです。

他の中学生や高校生では味わう事の出来なかった様々な幸せと、たくさんの苦難を乗り越え今に至るわけで。
その間ずっと過ごしてくることが出来たことを改めて振り返ると随分遠くに来たことを感じつつ、その辺りに胸がいっぱいになります。

登った山の大きさを改めて振り返って感じていると言えば適切な表現になるのでしょうか。
でもヲタクをやりつつ苦しいときも大変なときもあったけれども、自分なりに一生懸命走った結果、峯岸さんとそう離れたところにいるわけじゃないのかな?とも思います。

そう思うと「何を書けばいいのやら?」というのはAKB自体が普遍化して、AKB自体が一般化して、有名になった部分、あるいはそんな中でも握手や公演を通じて、あくまでこちらサイドからの話ではあるけれども相変わらずの距離感や関係性というものを保っているかのように思っているからかもしれませんね。
そう、AKBがそこにあることが当たり前になって、AKBに峯岸がいるのが当たり前になって、そんな峯岸さんとの関係性も相変わらずなわけで。
そういう関係が続いているが故、「書くことがないかな」なんて言えるのかもしれません。

多分それはとても幸せなことなんだろうと思います。
あの時一緒にいた22人のうち、今もAKBにいるのは5人。そのうちの一人ですからね。


2:
結局6年前になんとなくたまたまAKB劇場に来て、その時に「すごくかわいいな」と思った子が峯岸みなみで。それからずっとAKBに嵌っていく歴史がはじまって、翌3月にはブログもはじめて。
そこから毎日毎日何かないかな?って思い続けているわけで。
推し甲斐があると言ったら褒めすぎかもしれないけれども、ハラハラドキドキさせながら年代特有の危なっかしさを見せてくれたかと思うと、たまには大人としてもびっくりするようなしっかりした発言をしてみたり、そうかと思えば一瞬で子供に戻ってみたり。


そんな峯岸みなみが今日で20歳、大人になると。
徐々に大人になってきたけれども、徐々にしっかりしてきたけれども、これで遂に名実共に大人になると。
本当におめでとう。

これからもきっと強がって、でも本音は弱くて、その上反抗気味だし、素直じゃない。人と違うことをしたがるけれども、寂しがる。
そんな面倒くさいところはあんまり変わらないだろう。

でも大人になるとそういう部分も少しは変わってしまうのかな。
それが嬉しいような寂しいような。
そんな瞬間を慈しみながら時を重ねるのはこれからも変わらないだろう。


3:
泣き虫で手がかかって甘ったれのくせにワガママで頑固で気分屋なところがあるけれども、そんな峯岸みなみが不意に見せる笑顔がずっと好きなのでここまで来られたんだと思う。
大人になってもきっとそんな部分は残るんだろうな。と希望的観測であげておきます。もっともDNAはそう未来を予言しているようでならないのだけれども(笑)

11月15日、今日で峯岸みなみも20歳になるわけだけれども、実際は19歳の最後の時と一瞬しか違わない。
でもその一瞬で何かは変わるんだろう。心の中では。
その一瞬だったり、心情の、特に内面を推し量って僕たちはいつも楽しんでいるんだと思う。
いつもの危うい笑顔をみるために。

同時に何とかしてそれを守りたかったり、盛上げてあげたいが故ここまで来ました。これからもその瞬間が続くように僕たちは周りからいつも峯岸みなみの事を見つめ続けるのかもしれない。
そういえば昨年の今日は尾木祭だったっけ。白いサイリウムの中にいる峯岸みなみを見つめていたのはもう去年のことなんだなー。

でもずっとずっとこういう関係が続いて、こういう時が続けられればいいなと、二十歳を迎えるにあたって改めて思ったのです。

僕のヲタクとしての存在意義のほとんどはそこにあるのだと思う。
だからこそたまにはきちんと書いておこう。


みぃちゃん、20歳の誕生日おめでとう。
みぃちゃんの幸せは僕たちの幸せです。
これからもよろしくね。

世界で一番幸せな20歳の1年を過ごせますように。
これからもここは峯岸みなみを推すブログです。


みぃちゃん大好きだよ。

関連記事


2 Comments

タカアキ says..."二十歳を迎えて"
こんばんは、二年前くらいからブログを拝見しています。ユーモアと愛にあふれた表現にいつも感銘をうけています。よねたろうさんのブログに出逢えなければ、ここまで「みいちゃん」ヲタにはならなかっただろうと思っています。彼女のこれから歩んでいく道が、幸福で満ちていることを願っています。
2012.11.15 21:47 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: 二十歳を迎えて"
いやー長い間ありがとうございます♪
愛が足らないとクレームを付けられ、ユーモアがいまいちとクレームを付けられ、早○年←。今までの労苦が報われたのかもしれませんw
峯岸さんは相変わらずですが、今後とも幸せであることを祈って頂きつつ、ここもよろしくお願いします。たまに違う方面でキャッキャしているのもユーモアの一環として苦笑い寄りで許して下さいw

> こんばんは、二年前くらいからブログを拝見しています。ユーモアと愛にあふれた表現にいつも感銘をうけています。よねたろうさんのブログに出逢えなければ、ここまで「みいちゃん」ヲタにはならなかっただろうと思っています。彼女のこれから歩んでいく道が、幸福で満ちていることを願っています。
2012.11.16 00:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3438-4524ade2
該当の記事は見つかりませんでした。