あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第4回総選挙雑感その1


雑感その1

■第4回総選挙雑感その1
いろんな断面があるので雑多に切っていこうと思います(笑)
その2、その3で終わると思います。

□感動したランキング
個人的にランクイン&スピーチで感動したランキング。

・第5位:中田ちさと
→あのちぃちゃんをここまで上げてくれるほど分かってくれるというのはすごいなーと。
力はあるけど、引っ込み思案なちぃちゃんが評価されたのは嬉しいポイントでした。スピーチが本人の性格のようにちょっと控えめだったけど、そこが劇的なスピーチだったらもっと上位w

・第4位:菊地あやか
→苦労人菊地の内面吐露と言いますか。遠回りしたけど、ようやく自分に自信が持てる結果が出て良かったねと思える瞬間でした。その思いが溢れるスピーチ前半に涙が。

・第3位:永尾まりや
→9期出遅れだった永尾ちゃんがここまで評価される世の中であって、まだまだ日本は捨てたもんじゃないなと思いました(笑)。「何も出来ない」という本人の弁はその通りなのですが、それでも評価されたことがAKBらしいなと思います。本人の人当たりだったり、対人関係だったり、数値で出るカタログスペック以外の面で買ってくれた人が多いんだろうなと思います。

・第2位:篠田麻里子
→やっぱり「席を譲らないと上に行けないメンバーはAKBでは勝てない」その一言が全てですねw 今年の名言はこれだなー。いろんな見方がありますが、何が彼女にこう言わせたんでしょうね。ある意味後輩思いなのかもしれません(笑)。この言葉以降、ときどき出る不敵な笑みは誰に微笑んでいたんでしょう。その辺もろもろ含めて不思議な子ですよw魅惑のなんちゃらフェイスw

・第1位:小林香菜
→素直に感動しました。ここに来て香菜がランクインして良かったなーと。そして壇上に上がる前にかけだしてどこに行ったかと思ったら才加とハグするとか。香菜のランクインを自分の事の様に喜ぶ才加とか、壇上に上がる香菜を温かく見守る周りとか、相変わらず下手なスピーチだけど、言いたいことは言えたあたりとか。温かい感じが良かったです。みんなに祝福される41位という感じがしたことが1位の記憶に。
それにしても「小林のファンの力ハンパないよ」の才加の言がベタすぎるなーwww

・番外編:横山由依
→誰もが思った「あれ?これ昨年のVTR?」という画(笑)。それくらいのデジャビュ感と、泣きすぎていて何を言ってるか分からないあたりは本当に面白かったです。北原他(注目は近野w)の横山を見る目がまた面白いこと(笑)。いつの間にか「いじられキャラ」の地位を確立できた1年の総決算という体でした。
「今年は徳光さんの手は借りません。」
横山の1年の成長(リアル成長とリアル天然としての成長と)はこの一言に集約されていたと思います(笑)


□CXとyoutubeと
cxの放送は視聴率は良かったかもしれないけど、内容的には相当あれでした。。前半一時間VTR必要か?とか。なぜ指原だけ地元での応援付きなのかとか、なぜ指原に発表進行中にインタビューするんだとか。(この辺は指原本人ではなく「ポスト敦子」として売り込む太田枠のねじ込み方の問題→なんでわざわざ見る人に疑問を持たせるようなことするかなー。)
コンテンツで勝っただけだと思うので、番組制作能力的に結局良いところなかったなーというのが正直な感想。cxじゃなくて他局でも似た結果にはなったよ。
やっぱりNTVの方が良いなー。

youtubeは「+1しよう」とか余計なことをしたからからか、回線が重くて重くて途中から見られたものじゃありませんでした。(他のyoutube動画・他動画サイトは普通に見れるし、PC2台で見ていたのでPC都合でもないです。)。配信するならしっかりやって欲しかったなー。今回一番がっくりしました。
今までで最大規模のイベントに「+1」だとか、アクセスが集中したり、アクセスページを一つにしたり、重くなる要素をわんさか詰め込んでも「上手く行くと思った」根拠を知りたいよ。


□ひらりーと田野ちゃん
ひらりーと田野ちゃんが相変わらずいいこと書いてくれていました。
ひらりーはぐぐたす。田野ちゃんはモバメ。
ひらりーのぐぐたすは誰にでも読めるので、リンク貼っておきます。
https://plus.google.com/u/0/102663035987142737445/posts

一節に、
せんぱいたちが
「総選挙がきらい」
って言ってたりゆうがやっと分かりました。
自分にじゅんばんをつけられるのが
いやなんじゃないんだ。
だれかに負けるのがくやしいんじゃないんだ。
自分をおうえんしてくれる大切な人を
がっかりさせてしまうのが悲しいんだってわかりました。


という節があって、総選挙4年目にして「総選挙を嫌がる理由」をはじめて見つけられたような気がしました。

ひらりーはどうして歌手になりたかったのか?
それはみなさんをしあわせにするためです。
ひらりーを見て楽しい気持ちになってほしい
ひらりーの歌をきいて明日もがんばろうって元気になってほしい
だからAKBでがんばってきました。
でも今日の総選挙で気がついたんです。
さいきんのひらりーは自分のためにがんばってた。
みなさんの気持ちを考えずに自分のことだけ考えてた。
いつのまにか
みなさんをしあわせにするために
がんばろうって気持ちをどこかに落としていました。


こんな節もありました。
この節を読んで最終的には自分のために頑張ることで合っているのだけど、昨日の結果に「不満そうな顔(をしていたように見える)子」がどんなことを考えているのだろうかと思いました。

ま、こんな思いを持っている子たちを商業的に売り出すという方針についても色々思いますが・・・
そこは学業としてではなく、商業としてのイベントなので「ま、いっか」って感じです←



*数字的な話とか、まりなってるや峯さんの話はまた続きで。


AKB48全国ツアー2012公式 AKB48パパラッツイ


まるっとAKB48 3 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48 2012年 08月号 [雑誌]

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3282-44a1e197
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。