あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

120524 A1stPartyがはじまるよin見逃した君たちへ2


涙の意味ですよ。

■120524 A1st Partyがはじまるよin見逃した君たちへ2映画館
タネを休んでまで見せたいものって何だろうと。
何かあるのだろうけど、何なんだろうと。あまりワガママいう子ではないのだけれども・・
色々調べたりしましたが←、分からず。

そうやって悩んでいたんです。ラーメン屋で餃子を食べながら、大将にそんな悩みを話していたんです。そうしたら、テーブルの横からつつーっっと1枚の紙切れが。
「お隣のお客様からです」大将が。
「あんた、そこまで気になってるんだったら、見にいくってもんが筋ってもんじゃねーか?」。
それっきり黙って店を出て行くその背中に僕は礼をして、映画館のチケットを手に入れたのです。


■A1stについて
うん、公演のクオリティ的には酷かったです(笑)
文句なしダントツの最下位。A5th13期を遙かに下回る、100点中多分30点くらいだと思う。
厳しい頃の舞台監督が見たらぶち切れるレベルだと思うけど、今はえらい人を接待する方が大事なんでしょう。そういう方針なんでしょうね。と思わせるに十分なクオリティの低さ。
研究生に見せてあげたい。これがダメな見本だと。こういう人達が「一生懸命やれって言ってるんだよ」と。その茶番ぷりを。

・M1~M3で多くのメンバーで顔が死んでる。眠そう。パーティの祝福感の欠片も感じさせない出来。
・MCは順番を間違えまくる、内容をうろ覚え、噛む。
・時間稼ぎの可能性もあるがMCが無駄に長い→元から所詮90分のセットリストなので、時間を延ばした可能性があるが、1人1人が余計に喋っていて非常にテンポが悪かった。

アンダー対比はいろんなポジション変更があったので作れませんでした。
但し、指原、高城、横山、北原という一度もこの公演をやったことのないメンバーが出演。アンダーなら研究生でもいいような。。。というか、そもそも香菜、佐藤N、(舞台があるけど)才加、SDNで復活しちゃった戸島、駒谷、佐藤ゆ、野呂、大堀。そういうメンバー出せばいいのに、なんでこんなメディア受けしかしないようなメンバーだったんだろうね?
出たメンバーに罪はないんだろうけど、人選に違和感を感じるよね。違和感というかセンスないと思うわ(笑)。
多分特定個人または団体の人が喜ぶ(あるいは招待していた)からのこのメンバーなんだろうけどね(「知られてる人を集めました」だわな。)


多分リハーサルとかろくにやっていないんだろうなー。ってパーティはじまって2分で思った。あるいは簡単だからって相当手を抜いているか。先日見たK4と顔も勢いも全然違うからね。あの時の2割くらい(つまり8割減)の力の感覚です。見た感じでは。

一応フォローしておくと、初登場の4人は普通に出来ていたと思うし、あなクリの有華と横山もよかったし、それだけでなく有華の安定は際立っていたし、全体的にもユニット明け以降取戻してきて普通になってきた感じでした。前半の失点を取戻すに至りませんでしたが。

まぁ、そういう前半死亡、後半エンジン半回転みたいのも旧Aのクオリティと言えばそうである(A4Rでお馴染み←)と思い出したりしましたよ。
AKBクオリティ(苦笑)。

あと最後にたかみなの「故障」が酷い。色々世間的にお騒がせしているとは思うけど、噛みながら話すことも、MCで急にトライ式をやり出したりとかしたことも、空回り感が酷くてちょっと見ていられなかった。何か焦りでもあるのかなぁ?
ほんと少し休ませた方がいいように思う。ストレートに言うと病気の前兆ぽく見えた。


■峯岸みなみについて
そうは言いながらも、ユニットくらいからいい加減エンジン掛かってきたようで、あなクリくらいから見られるようになってきました。
でも1回目の桜でたかみなが泣いているのを見て、「いやいや、分からなくないけど、ちょっと早くないか?てかA1だったら泣けるのはここじゃなくて『青空じゃね?』」なんて思っていました。

そしてその次の曲、青空のそばにいてでやっぱり僕もしんみりしてうるっと来たんですよ。やっぱり色々思い出すじゃないですか。
「青空のそばにいて」は特に素敵な歌詞なんですよ。♪どんな大切な気持ちも やがて見えなくなる 風に流されたのは 雲じゃなくて 僕たちの方さ とか。A1の締め曲ですよ。。今で言うM13に値する曲ですよ。そりゃいい曲なわけですよ。
やっぱりしんみりしてうるっとくるじゃないですか。しんみり来たんですよ。

そして、その瞬間、映画館スクリーンに大映しで泣いてる峯岸さん。それを見て吹く俺w
・・・本当にありがとうございました(笑)

タイミング同じすぎるだろー。
こじはるも篠田も敦子も板野も割と普通なのに、同じすぎるだろー。
全俺がシンクロときめきからのアタックチャンスでしたw 世界中の児玉清が納得してくれるまである。脈の打ち方が同じすぎて僕はドッキドキドキ恋の予感ですよ←


でもね、最後の方で敦子、たかみな、板野、峯岸。たまたまこの4人をセンターに置いてユニゾンで歌いながらカメラで映していたときに思ったんです。
ああ、これを見せたかったんだろうなと。
何か特別なことがあるわけじゃなくて、むしろちょっと前まで当たり前のことだったんだけど、でも多分あれで最後だって少しは意識していたんだろうなーと。

敦子がいて、たかみながいてって、今のKでは出来ないし、コンサートや選抜でもまたちょっと違うし。多分ドームではそれどころじゃない忙しさだろうし。
当たり前だったんだけど、もう当たり前じゃなくなる最後に限りなく近い時だったからこそ、覚えておいて欲しかったんだなーって、忘れないで欲しいんだろうなーって思った。

「見逃した君たちへ」と言うよりは、「ここにいたこと」だったんだろうって。


最近妙に寂しがっているのか悩んでいるかのように見えるときがあって、多分選挙じゃないような感じなので、タネのせいで構ってくれないとか←、あるいは将来の部分のどっちかだろうなーなんて思っていたのだけど、多分将来部分なんだろうね。
卒業とか急に周りが騒がしくなったので意識せざるを得ないんだろうけど。

その辺を意識して、分かってはいるけどみんな巣立っていく寂しさを感じたり(ご存じの通りあの子は一流のかまちょです。面倒くさい方のw)していたのかなーなんて思いつつ、久しぶりに思ったのでした。
かわいいやつめ。(c)

えー、静岡県・島田晴香さんより言葉を借りました。ありがとうございまーす。今度お礼によねステッカーでも差し上げまーす←


「アンコールありがとうございます」もそうだし、わざわざ髪型を片側で流して来たのもそうだし、13歳の頃のお誕生会の話もそうだし、やっぱりちょっと昔を思い出して、その中でそこから先の将来も考えつつ、その寂しさ故の涙だったり、「見に来て」ってことだったんだろうなーって思うことにしました。



アンコール明け以降には普通に戻って、ybkrももらえないのも映画館だから仕方ないって諦めつつ←、2回目の桜でしんみり締めるのは06と同じ。

こじはるもブログで書いていたけど、僅か4ヶ月の間しかやっていないセットリストだけど、今でも色んな思い出を思い出す、懐かしいセットリストを結局なぞることが出来たと思う。
クオリティ的には結構あれだったけど、最後は上手くまとめてくるのは往時のチームAと同じ(苦笑)。板野のテンションを見ていると、最後はみんなまとまって出来ていたのかなーなんて思ったりしながら、なんだかんだで見られてよかったと思った。


あとは、その敦子と一緒に歌っていた画なんかを忘れないように覚えておこうって思った。あの頃と一緒に。もう1個追加でね(笑)。


その後六本木のラーメン屋さんでラーメン+ビール。
2日連続で峯岸餃子は僕はちょっといいやって思って←、餃子は頼みませんでしたw
なんだかいつもよりビールが苦いように感じた。ちょっとだけ♪


ドームコンサート日程の辺りは別項で。

見逃した君たちへ2 パンフレット

まるっとAKB48 3 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48 2012年 08月号 [雑誌]

公式ダイアリー AKB48 握手会
AKB48公式ダイアリー 2012-2013

関連記事


2 Comments

says...""
>>多くのメンバーで顔が死んでる。眠そう。パーティの祝福感の欠片も感じさせない出来。
ぐぐたす写真を見ても、顔が生き生きしていないのがわかります。後茶髪のせいかアイドルに見えなかったです。
>>厳しい頃の舞台監督が見たらぶち切れるレベル
夏先生が見ていたら・・
2012.05.25 13:51 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: タイトルなし"
> >>多くのメンバーで顔が死んでる。眠そう。パーティの祝福感の欠片も感じさせない出来。
> ぐぐたす写真を見ても、顔が生き生きしていないのがわかります。後茶髪のせいかアイドルに見えなかったです。

なんかパーティーが始まるよっていう感じじゃなかったんですよね。
「今日も17時でお店開けました」ていうような疲弊感、歳感覚、見た目っていう(苦笑)
最近は同伴入場が流行っているみたいですよ←


> >>厳しい頃の舞台監督が見たらぶち切れるレベル
> 夏先生が見ていたら・・

もうそんな歴史は消去されたんですよ、きっと(苦笑)。恩師が見ていないことをいいことに・・・ってそんな感じでした(笑)
2012.05.25 22:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3258-6a86956a
該当の記事は見つかりませんでした。