あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

週刊AKB


すげーいい人で美人なのです。野中美郷。

■週刊AKB
野中美郷特集。
30分まるまる野中美郷。
今回のコンサートタイトルになったいきさつ、今まで特に48回連続で公演に出た話、選抜への思いなどなど。


なんていうか、、最近のAKBは優しいんだか甘いんだかよく分らんのう。。っておもったのでした。

この子いい子だし、美人だけど、自分から話さないし、ラジオ(トークしかやることのないもの)でも話さないし、挙句人の振った話否定しちゃうし。いい子なんだけど、ダメな部分も結構多くて、それはそれで現在のポジションに通じるところがあるかなーとか思っています。
「私が野中美郷です!」っていうのも多分原稿書いて、覚えて、しゃべったんだろうなーって。
もう少しああいう場面で生で自分の言葉で言えるくらいの前傾姿勢が少しでもあったら違ったんだろうなー。
普通の非AKBヲタがあの場面見たって、というか一般人が見ても、なんの感想も持たないからねぇ。。
根が真面目すぎるからね、あの子。

ああいう場面で求められることって「失敗しないで無難」より「失敗してもインパクト」なんだろうと思うのだけど。。例えば去年の見逃したTDCのH1冒頭で鈴蘭がMCをメチャクチャトチって泣いていた思い出とかあるけど、やっぱり印象に残るのってそういうものだよなぁ。。米子とか同じTDCでもA1、A4では誰がしゃべっていたかすら覚えていないけど。

変顔の一つでもやる勇気とか覚悟があればあの子ももっと伸びるんだろうけどね。
いつまでも引き出しを開けない子っていう印象。



でも本当の内面は、8期とか9期のセレクションがあった頃、「あたしはこの子達のいいところ全部知ってる」とか確かブログに書いていた記憶があるように、実はすごい熱い部分もあるんだけどねぇ。
野中が48公演連続で出たこと、バイトリーダー(c)として研究生公演をまとめていたこと、その中で実はあまり喋りすらしないものの精神的支柱として支えていたこと、その辺を横山、大場、島田、永尾あたりにインタビューしてしゃべらせればよかったのになーって思う。野中のリーダーシップが地味にあったからこその2010年の5月頃のRA5thだったんだけどなー。
つかあの頃メチャクチャ楽しかったなー(遠い目。。)


そんなわけでまとめると
・野中自身はもっと前に出ないと。自分から前に出ないと。しかも5%位前に出るとか、推されて前に出るとかじゃなくて前年比70%増くらいで前に出ないと印象に残らないよね。
・番組的には「野中は地味」って印象付けはあったけど、48公演出場って数字の面以外に内面の熱い部分まで掘るんだったら、やっぱり9期を噛ませて欲しかったなー。野中あってのRA5thだったからなー。。



いやーあの頃の9期とかホント楽しかったなー。
A5が13期じゃなくて間違って9期でやったらがむしゃらに最前狙う人結構多いと思うんだけどね。
「見逃した君たちへ」じゃなくて「節穴な運営で」って感じだよ(涙)。
せっかくリバイバルするならRA4th(まぁこれは半分実現してるけど)とか、7期RB4thとか、そういうことをしてくれればいいのになぁ。。

これから見られるものなんかやっても何の面白味もないよ。

7期RB4thとか、9期RA5thとか、4.5期RA4thとか、そういうの見たらAKBって実はどんだけ面白いものかとか、今のAKBがいかにつまらないかとか一瞬で分かると思うのになー。。

最後週刊AKBと全然関係なくなったわwww

関連記事


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3201-5d63d11f
該当の記事は見つかりませんでした。