あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

【途中からネタバレ有り】「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女達は傷つきながら、夢を見る」舞台挨拶&感想


タイトルはあまりにも長いので某氏のをコピペしたのは内緒ね♪

■「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女達は傷つきながら、夢を見る」舞台挨拶&感想

僕が見たのは少し早い16時45分からの回でした。今回は場所的に都内で適当な場所がなかったので自宅に近いあたりで。入り的には30%くらいでしょうか。

ネタバレ防止のためにまず舞台挨拶のことを。舞台挨拶は16時からの回は上映後に、20時からの回は上映前からなので、時間軸的には少しずれますが了承下さい。

参加メンバーは14名。前田、高橋、篠田、小嶋、高城、大島、板野、峯岸、宮澤、横山、柏木、北原、河西、岩田。
西武ドームの時のエピソードや、震災に関連してのコメントなどなんだかんだでひとり一コメントを振っていました。
その後フォトセッションをして、最後は円陣を客席と一緒にして締める感じ。時間的には30分くらいでしょうか。
監督は割とコメント少なかったですが、大量のVTRを編集する苦労話をしたりしていました。

この下の追記内容を押すとネタバレがあります。


そして、いよいよ本編。

結論的には結構面白かったです。やっぱりAKBは頑張ってるなーとか、そんなことを思いつつ。涙していました。

構成的には時系列的に
・3月11日の震災
・総選挙
・西武ドームコンサート
・じゃんけん大会
・海外イベント
・チーム4と大場謹慎関連
震災関連の現地慰問に関しては何回もリフレインする感じでした。

□一番大きな部分
一番大きいのは多分西武ドームコンサートの件。この部分は本当に見ていて色々と感じましたね。敦子や大島の過呼吸、初日の壊滅具合と、それを反省するたかみな、ダメ出しの様子から終わった後にたかみなが倒れるところまで。

多分見ている方もハラハラドキドキ、彼女等はこんなにも一生懸命やっていたのかって思う所だと思う。実際そうなんだろうけれども、一つ間違えてはいけないのは「そもそも倒れるような環境にしないことが正義」ってことですね。

本来はきちんと準備をして、1日目のあとに倒れるほど練習する必要性もない状態で、バックステージも劣悪な環境ではない状態にすることが本当に重要なことなはずなんですよね。見ていると「あんなに大変な環境の中頑張っていたんだ!」って思う人が多いと思うけれども、それだけではない側面も記憶しておいて欲しいなぁと思った。
衛生管理者とか置かないとwww(彼女等は多分個人事業主としての契約が多いかと思うので現実的には合致しないことは承知しております。また余談ですが、この個人事業主or給与性の通常雇用の違いも実は正規メンバーと研究生の違いの一つなんじゃないかと思ったりもしておりますw)

それにしてもたかみなも大変だよなー。あれだけのメンバーがいるんだもんなー。西武ドーム初日は本当に酷かったけれども、3日目になるとやっぱり全然違うモノになっていたことは今でも良く覚えています。興味ある方はその辺りのエントリーを振り返って頂いてw


□総選挙
選挙の場面はやっぱり敦子と大島だねー。何回見てもね、やっぱり感動するというか、あの緊張感を思い出すというか。
何回見ても「私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないで下さい」(c)ってあの件を聞くと涙が出ますね-(>_<。)


□震災関連
何度も繰り返し行った被災地訪問。何回も繰り返しこの場面を映していて、震災の酷さとか、そこにAKBが掛ける思いを感じられて、そういう部分ではジーンと来るものがあった。
小さい子の純粋に嬉しそうな顔を見ると、やっぱり行く方も来て良かったと思うだろうし、また明日から頑張ろうって気になるよなぁって。
無邪気な顔の小さい子が印象的。
峯岸さんがそんな小さい子から花束とか松ぼっくりをプレゼントされていたけど、ステージでしゃがむのではなく、下に降りてもらって抱きしめてあげれば良かったって、すごく後悔してる場面があった。
峯岸みなみはそういう細かいところまで考える事の出来る優しい子なんだなーって思って、ちょっと涙が出ました。

この被災地訪問の件では「なぜ被災地に行こうと思ったのか」というあたりがあまり描かれていないけれども、その辺も出せばいいのになって、たまに思う。
例え万が一偽善だとしても、やらない偽善よりやる偽善。
敢えて何も言わないことを選んでいるのかもしれないけれどもね。
でも「なぜ」って辺りをもし少しでも言ったら、先日結婚したあの人への目ももう少し良い方へ変わるんじゃないかなーって思うんだけどな。


□じゃんけん大会
じゃんけん大会は麻里子が軸になっていましたね、最後の最後で藤江が少し引いてしまった辺りのこととか初耳で面白かった。あとは峯岸さんの回顧録ね。「もし私が一位になって連続一位の記録が途切れたらどうしよう」って思ったりする辺りw 心配性というかなんというかw 最後の最後でびびりというかw
やっぱり篠田に負けたあと、尺が足らずにバックスペースでの3位決定戦が行われた部分も今回初めて公開されましたね。それなんて俺仕様!!って思ったけれどもw

僕はこの映画の中で何回も泣きましたが、ここでも涙が止まりませんでした←
僕の大好きなかわいいかわいいまりなってるが峯岸みなみの勢いに秒殺されて、若干の寂しそうなまりなってる。峯岸さんがガッツポーズしていやがって!おい峯岸ぃー!鼻息荒いぞ!フガフガいってるぞ!
僕はその場面を見て、涙が止まりませんでした(>_<。)←
やっぱりまりなってるは俺が守るしかー!!とかなんとかwww

でもそんな茉里奈もこの週末はじゃんけんイベント。茉里奈も成長したなー♪


□チーム4と大場謹慎関連
大場と島田の苦悩が取り上げられていましたね。
チーム4の立ち上がりから、ふわふわした状態での初めての単独コンサート。
その後大場の謹慎と島田の代行、さらに大場の復帰とそれをどう受け入れるかの島田の苦悩。
ここもねー結構ジーンと来るものがありましたね。
島田と大場で抱き合って泣くところとかジーンと来ました。俺もころちゃんの胸で泣きたry

でも鈴蘭が回想というか振り返って話すシーンがあったけれども、鈴蘭に悪いところはないけれども、永尾ちゃんや島崎、美宥ちゃんも話して欲しかったなーって思った。
大場と一緒に長い間いて、あの騒ぎになってすぐに励ましてあげようと9期でのカラオケを企画したのは永尾ちゃんじゃないのかなーって。そういう点では阿部氏もインタビューされて欲しかったなー。阿部氏はある意味、大場・永尾組だからw


今回の映画は昨年の映画と違って変なイントロがなく、その分いきなり本筋に入るから入り込みやすかったです。持って行かれる感じ。全体的に淡々とドキュメンタリーとして見たままをつなぎ合わせている感じですが、その分そこに深みやリアリティが出ていて今回の映画は面白かったなーって思いました。

あとは監督がどれくらいAKBに詳しいのかは分からないけれども、かなりいろいろ見たり勉強したりしたんだろうなーって。
各映像の切り取る部分のチョイス、そのセンスが素晴しかったですね!
本当に素晴しい。
単純に「人」に焦点を当てると言うよりは「出来事」に焦点を当て、オムニバス形式で紡いだ感じ。だからほとんど出てこないメンバーもいるというか、むしろそっちの方が多いのだけれども、ただ話としては深みが出るし、広がりも出るし、そこが良いんだなーって思った。

単なる「広く浅い」より適度な「深く狭く」というか。でもその狭い部分のチョイスが素晴しいのでドキュメントとして印象的なモノになったんじゃないかなーと。取捨選択と言うか、本当に大胆に捨てる部分を捨てたなーって。その点では本当に監督の仕事がすごいんだなーって感じさせられました。

これはオススメ。ぜひ見て頂きたい逸品です。


DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう? スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]



関連記事

6 Comments

カラス says..."私も見ました。"
映画見ました。よねたろうさんと峯岸生誕まりなってる部のみなさんのお得なシーンがきっちり入ってますね。
個人的には島田の曖昧なポジションが(涙)、あれはモチベーション上がらない。
峯岸が慎重に言葉を探していて、真面目な子なんですよ、とおじさん涙。
西武ドームは見てないので、ふーんって感じです。ステージ裏のつくりがもうちょっとどうにかなるだろうよと思わずにいられないですね。演者に対して不親切なつくりねぇ~って感じでしょうか。
今回は時系列で強引にまとめず、時間を縦軸に程よくエピソードを散らしていて楽しめました。
被災地支援は今年も続けて欲しいですね。去年だけだとこの映画のためにやったって言われるでしょうし。
2012.01.28 08:10 | URL | #- [edit]
ymymyo says...""
丁寧にありがとうございます!
俺もコロちゃんの胸(ry

前回のは結局テレビでやってるのを流し見ただけで終わってしまったので今度はしっかり見てみたいと思います!

それにしてもこの映画つくづくよねさん仕様ですねww
2012.01.28 09:40 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: 私も見ました。"
・いやーやっぱりまりながかわいいですね!!
・島田は難しいけど、単純に島田がキャプテンだったら旧Kの劣化コピーにしかならなかったと思うので、そういう点では良かったかなーって。島田には「(キャプテンでないことで)時間が出来た」とか「別の仕切り方を学ぶ」とか、そういう考え方を学ぶいい機会なのかもとか思ったりもします。
・みぃちゃんは考えているフリなんじゃないかとwww ちょっと髪がワチャワチャし過ぎていません?って思ったけどw
・ドームのバックステージ(not爆捨w)は難しいのでしょうね。莫大な金がかかるステージ構築の中で見えない部分にあまりお金を掛けたくないのは分かる気もしないでもない。
・被災地は今年もやりそうですね。
・エピソード的にまとまっていたのが本当にすごいなと思いました。ええ。あのチョイス。そして膨大な量からの「捨てるセンス」が。

こちらからは以上です~。

> 映画見ました。よねたろうさんと峯岸生誕まりなってる部のみなさんのお得なシーンがきっちり入ってますね。
> 個人的には島田の曖昧なポジションが(涙)、あれはモチベーション上がらない。
> 峯岸が慎重に言葉を探していて、真面目な子なんですよ、とおじさん涙。
> 西武ドームは見てないので、ふーんって感じです。ステージ裏のつくりがもうちょっとどうにかなるだろうよと思わずにいられないですね。演者に対して不親切なつくりねぇ~って感じでしょうか。
> 今回は時系列で強引にまとめず、時間を縦軸に程よくエピソードを散らしていて楽しめました。
> 被災地支援は今年も続けて欲しいですね。去年だけだとこの映画のためにやったって言われるでしょうし。
2012.01.28 15:29 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: タイトルなし"
いやいやいや。多分みんなに楽しめる仕様になってると思いますよ。僕は曲解しているだけですからw

前回のもレンタルしてじっくり見たりすると今回のものとの違いや面白味も深く感じるかもしれませんよ!ぜひあれも一度見ることをオススメします。

ころちゃんの件は・・(照)

> 丁寧にありがとうございます!
> 俺もコロちゃんの胸(ry
>
> 前回のは結局テレビでやってるのを流し見ただけで終わってしまったので今度はしっかり見てみたいと思います!
>
> それにしてもこの映画つくづくよねさん仕様ですねww
2012.01.28 15:51 | URL | #- [edit]
いおっち says..."私も見てきました"
私も今日映画館で見てきました。
あらかじめよねたろうさんのコメント見て行ったので予習バッチリでした(笑)

前回のと違って今回のはかなりドキュメント性がありましたね。いつもは表側しか見れないから西武ドームの裏側とか見ると彼女たちの大変さが伝わってきました。

でもよねたろうさんも前記で書いていましたが、もう少し裏側の環境をよくしないと・・・
予算とか規模とかの関係で難しいのかもしれませんが・・・

チーム4の件に関しては正直「う~ん」です、私的には・・・

でも今回のは見る価値はあったなと思う映画でした。
2012.01.29 03:21 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: 私も見てきました"
ドームの件は、逆にレッスンばっちりで裏側も快適でメンバーがさわやかに「お疲れっしたー!」とか言っていたら扇情性が薄れたかもしれないとか思っていたりしますwww
難しいなーってつくづく思いますよね。

チーム4に関しては、あの流れだけ「未完」なんですよね。
他のドームやら選挙やらじゃんけんやらは終わって、見に来た大多数の人は、「自分たちで見ていた表面的なエンディング」と「今回はじめて見ることの出来た内面部分のエンディング」を重ね合わせてその複層・重層的な構成に感動していると思うのですが、チーム4の場合は取り敢えずの終わりがない状態でしたから煮え切らない状態になったのかなと。大場の公演復帰(1月4日でしたけ?)まで入れられたら多分もっとスッキリしたと思いますよ。

でもそれにしても面白い話でしたね。

> 私も今日映画館で見てきました。
> あらかじめよねたろうさんのコメント見て行ったので予習バッチリでした(笑)
>
> 前回のと違って今回のはかなりドキュメント性がありましたね。いつもは表側しか見れないから西武ドームの裏側とか見ると彼女たちの大変さが伝わってきました。
>
> でもよねたろうさんも前記で書いていましたが、もう少し裏側の環境をよくしないと・・・
> 予算とか規模とかの関係で難しいのかもしれませんが・・・
>
> チーム4の件に関しては正直「う~ん」です、私的には・・・
>
> でも今回のは見る価値はあったなと思う映画でした。
2012.01.29 14:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3054-32bbd86e
該当の記事は見つかりませんでした。