あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

金スマ


昨日は金スマを見ておりました。結構面白かったです。

■金スマ
AKB48波乱万丈ということで、いつもの金スマではなくスペシャル番組として放送。2時間以上。
番組のテーマ的には「レコード大賞受賞後にメンバーたちが人目も憚らず号泣する本当の理由」という体。

流れ的には2005年の夏の劇場となる場所を探すような段取りの部分から、オーディション、A1初日、お台場冬のHOT FANTASYでのチラシ配り、初めてのファンレター、桜の花びらたち発売とはじめての満席、新メンバー募集(いわゆるのちのKチーム)、泣かず飛ばずの時代、企画モノとしてだが初めての紅白出演、メンバーの大量卒業、総選挙、あたりのことをかいつまんで再現VTRにして放送。

割と最近の表面的な部分にのみ陽を当てて「AKBの真実」と言う番組が多い中、結構手間も時間もかかったであろう骨のあるつくりになっていました。

こういう番組になるとどうしても旧チームAのメンバー、いわゆる一期生に脚光が当たりますが、その労苦を全て出し切ったつくりで出演メンバーとしては1期生のほかにも秋元、宮澤、仁藤、島崎、入山、山内、北原、藤江、指原、横山がいたわけですが、かなりの温度差。
後期のメンバーになればなるほど引いていたような気がします(笑)
確かにたかみな他が一斉に泣く画というのも珍しいんだろうなぁ。。

実際2006年2月3月なんていうのは平日でも18時頃、休日では公演15分前くらいでもチケットが予約なしでその場で買えたような現実があったわけで、そういう客数が少ないあたりからAKBを引っ張ってきたメンバーが見るとさぞ感慨深いものもあるのだろうなぁと、実際僕も感慨深くみておりました。

「僕を信じてついてきてください」とやすすが言っても、そりゃ13歳当時の峯岸みなみには響かないよねーとか笑ってみておりましたがwwww

もちろん2時間だけでAKBの歴史が全て語れるかと言うとそういうわけでもないので、あくまで一部だけで、かつ美談仕立てになっているので多少のブレはやっぱりあるわけですが←、それでも十分楽しいと言うか、久々に「おおお!!!」って思ったのは事実でした。
個人的には立ち上げの部分よりもソニーからの移籍とかメンバー大量卒業の部分をもう少し掘って欲しかったような気がしますが、でも初めての紅白出場の時の尺の短さとかも改めて思い出すよなぁ。
懐かしい!
桜の花びらたちの販売ツアーで全国とか行っていたんだよなぁ。。嗚呼ブルーチーム(笑)僕も高松行きましたよねー。2日前の思いつきかなにかでw

見ていない方は某動画サイトなどで探してでも見ることをお勧めします♪
最後の最後で地上波で「桜の花びらたち」まで歌うレベルの出来なのでぜひ。

もうあれから5年以上経ったわけですよねぇ。。
月日が流れるのは早いなぁ。
いまやというか、9日の成人式で敦子やたかみな、板野が成人式に行くわけですが、昔は単なる「子供組」の一員だったんだけどなー。敦子とたかみなと板野と平嶋と峯岸と成田と増山の7人でキャッキャしているのとか好きだったしねー。そう考えると「投げキッス」とかホント懐かしいよなぁ♪
そんな時代だったことが懐かしくも思い出されるに充分なVTR構成でしたねー。



峯岸みなみ ノースリーブス
ペディキュア・デイ [CD+DVD]<初回生産限定盤A>

小林茉里奈
ペディキュア・デイ [CD+DVD]<初回生産限定盤B>

小林茉里奈

ペディキュア・デイ [CD+DVD]<初回生産限定盤C>

no3b 峯岸みなみ
ペディキュア・デイ 通常盤

関連記事


4 Comments

あい says..."見ました"
そうですね。
AKB48を語るには二時間じゃとても足りないですよね。でも今回ので少しでも一般の方に1期生、初期の頃からブレイクまでの苦労を知ってもらえばいいですね。
2012.01.07 19:19 | URL | #- [edit]
ぶんぶんぶん says..."温度差が気になる"
 あの番組構成であれば、初期メンバーだけの参加でもよかったのかもしれませんね。逆に温度差が気になりました。レコ大受賞の時の映像でも、3期までのメンバーとそれ以降での反応の違いが大きかった。
 各メンバーがその時代を共有できていないと、人気に変化が大きかった時に対応できないのではないかと感じてしまう温度差でした。
AKB初期の段階は、知ってはいたが手を出せなかった私。未だにアキバが遠い存在のままであるように。
2012.01.08 11:53 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: 見ました"
そうなんですよね。「全部を語る」事がメインの構成じゃないので、視聴率を気にしながらここまで構成できたことでも十分良いのかなって思います。これってどうかなぁ
??って思う所もたくさんありましたがw

> そうですね。
> AKB48を語るには二時間じゃとても足りないですよね。でも今回ので少しでも一般の方に1期生、初期の頃からブレイクまでの苦労を知ってもらえばいいですね。
2012.01.08 12:16 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: 温度差が気になる"
そうですねー。その3期以降にはそれはそれで涙のストーリーがあるわけで、各期にしろ重層的にそういう話が重なっているから、自分の世代でもない限り難しいかなぁと思う部分は結構あります。そしてそれは仕方ないかなーって。
ホントはCSなりでそういう各期のストーリーを構成してあげればいいのになって思う事はよくあります。それこそ世代交代に向けて重要な基礎工事だろうとか。


>  あの番組構成であれば、初期メンバーだけの参加でもよかったのかもしれませんね。逆に温度差が気になりました。レコ大受賞の時の映像でも、3期までのメンバーとそれ以降での反応の違いが大きかった。
>  各メンバーがその時代を共有できていないと、人気に変化が大きかった時に対応できないのではないかと感じてしまう温度差でした。
> AKB初期の段階は、知ってはいたが手を出せなかった私。未だにアキバが遠い存在のままであるように。
2012.01.08 12:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/3016-4680b9b5
該当の記事は見つかりませんでした。