あい My みぃ++ AKB48峯岸みなみだけを見ていたはずだったにも関わらず

AKB48の峯岸みなみさんを中心にチーム8もはじめました←

AKB48ヒストリー~研究生公式教本 を読んでみたの巻


そんなわけでAKB48ヒストリーを読んでみたのです。



■AKB48ヒストリー~研究生公式教本
なんとこの本4月25日発売と銘打っていたものの、多分22日には店頭にあったのではないかと・・
詳しい事情はわかりませんが、私アキバの有隣堂で23日に買いましたの。
前日にもアマゾンで販売していたのは把握してるの。。
そんなわけで才加が気を遣って書いていますが、既に販売中。

で、内容ですね。主に15章立てで「歴史」です。
AKB48の歴史です。ヒストリーって書いてあるので100%歴史です。
そういうわけで今までの歴史をなぞるには最適なモノになっています。
逆に僕は本当に知らないのは1章だけで、あとはほとんど知ってる話だから・・というのがあったりします。
Kの発足、AとKの確執、会いたかったメジャーデビュー、Bの発足、選挙、紅白落選。
正直知っている話です。

ですが、改めてなぞるのも悪くないかなぁとは今一度振り返ってみて思う。
実際記憶とは常に曖昧になるものだし、それを補完するには絶好の文章/本かと思います。
知らない記憶はここで仕入れて、知ってることはなぞりながら補完する。
所詮580円という安価でもあるので、しかしその割には歴史に関する記述はしっかりしていますし、「AKB48の歩んできた歴史を端的に振り返るとどのようなものがありますか?」という質問に対して極めてコンパクトに回答がまとまっていると思います。
あれだけ濃く濃密な歴史のさらに一部をエッセンスとしてまとめた感覚です。

流行の本に例えて言うなら、、
「マネジメント」のエッセンス本ですw


そんなわけで本当のド新規くんには少しハードルは高いかもしれませんが、AKB48について少しでもしたり顔をするレベルならこれくらいは知ってて当たり前!という教養レベルのことがわんさか書いてある基本中の基本の教科書です。

そういう意味で教科書を読むように、さも当たり前のようにこのレベルの本を読んで「確かに選挙の1回目のあとの亜美菜の露出は少なかった」「だけど、あれはさ・・」ってドヤったりするのが真のAKBヲタとも言えるものでしょう。
常識あるAKBヲタとしてはこれくらいは知ってて当たり前という教養レベルの本ですが、人前で恥をかかないようにコンパクトにまとまったエッセンスを感じつつ、歴史を感じて真のドヤリストになる日を妄想してみても良いかもしれませんね。

いわゆる「新規」からの脱却には必須な本であると思います。
逆に「古参」ぶってる方にはあまり要らないかもしれないけど恥かかないようにねっていう本であったりしますのですね♪

AKB48ヒストリー ~研究生公式教本~AKB48ヒストリー ~研究生公式教本~
(2011/04/25)
週刊プレイボーイ編集部

商品詳細を見る
関連記事


2 Comments

ヌシバスター says..."お疲れ様です。"
「リアルでは、採用されたけど、娯楽の採用って何なのさ、ビギナーズラックばかりなんて、イージーな採用なんてつまらない人生!」
とアラサーになっても娯楽の採用について真剣に考えているヌシです!こんにちは!
自分は、今日買いました。22日に売っていたなんて(汗)
しかも、池袋リブロは、文庫本売り場に置いてあるなんてぇー!
今日、寝る前に読んでみます。
2011.04.25 17:01 | URL | #- [edit]
よねたろう says..."Re: お疲れ様です。"
ヌシさんどうも。発売日はなんだかぶれたようですね。本の大きさに関しても微妙なので書店的にもどうすればいいのか考えちゃうでしょうね。個人的には多分サブカルのところにあるんだろうなって思っていますが。
読み進めていくと案外泣けるところも多いのですが、これで泣けないようだときっとモグリなんでしょう。
さらっと教科書的に記述してあるけど、中身は相当どろどろした重い話だらけですしね。
読み応えあると思いますよ。あえてさらっとした感想文にしましたがw


> 「リアルでは、採用されたけど、娯楽の採用って何なのさ、ビギナーズラックばかりなんて、イージーな採用なんてつまらない人生!」
> とアラサーになっても娯楽の採用について真剣に考えているヌシです!こんにちは!
> 自分は、今日買いました。22日に売っていたなんて(汗)
> しかも、池袋リブロは、文庫本売り場に置いてあるなんてぇー!
> 今日、寝る前に読んでみます。
2011.04.25 20:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://akb48yntr.blog.fc2.com/tb.php/2495-f22698b7
該当の記事は見つかりませんでした。